函館 蔦屋書店

代官山 蔦屋書店の意思を引き継ぐ全国展開の1号店

大人の方に向けた生活提案の場として作られた代官山 蔦屋書店の意志を引き継ぎ、「蔦屋書店」を全国展開させていくための1号店として、函館 蔦屋書店は、2013年12月5日にオープンしました。

蔦屋書店の全国展開。それは、言ってみれば、蔦屋書店という「文化の樹」を日本の地方の都市に一本ずつ丁寧に植えていこうという活動に近いものです。

樹にとってその土壌との相性が大切なように、全国に新しく作られる蔦屋書店は、代官山のスタイルを源流にしつつ、その街に住む人々にとって、居心地のよい場所を目指します。

函館 蔦屋書店も、函館のコミュニティー・ハブになることを目指し、
3つの「間」を大切にしていきます。3つの「間」とは、空間・時間・仲間。函館の皆さまが、友だちや家族といった生活の仲間たちと、楽しい時間を過ごすための空間のことを表しています。

代官山 蔦屋書店から端を発した、新しい「蔦屋書店」を全国に広げていくための1号店を作るのが私たちのミッションです。
しかし、それは紋切り型のチェーン店を作ることとはちがいます。その地域の方々が集い、楽しむ姿が「風景」として成立することが大切で、それが実現すれば、函館の蔦屋書店ができ、また別の都市でその街ならではの蔦屋書店ができると思うのです。
蔦屋書店は、お客さまとともに作っていく場所。みんなの居場所になる文化の公園をお客さまと作り、育てていきたいと考えています。

ページトップへ