ライフスタイル研究所

データ×感性で「これ素敵でしょ」を提案する企画集団

CCCのすべての事業には、通底する概念があります。それは、「ライフスタイルを提案する」ということです。その概念が、店舗という形態をとったものがTSUTAYAであり、1枚のカードに姿を変えたのがTカードです。

私たちは、新たな「ライフスタイル提案機構」として、ライフスタイル研究所を立ち上げる構想を持っています。「研究所」と名付けられていますが、研究だけをするところではありませんし、「所」と言いながら場所もありません。

ここにいるのは、クリエイティビティと生活提案の意欲を持つ「人間」(その人はプロデューサーと呼ばれます)です。ライフスタイルに関するデータベースを活用し、さまざまなご提案をしていきます。

音楽を楽しむための提案、カーライフをより充実させるための提案、新しい働き方の提案・・・・そんな、人生を少し楽しくするためのスパイスをお届けするライフスタイル研究所がスタートします。

執行役員
ミュージックライフ研究所 所長

菅沼 博道

人と音楽が触れ合うシーンを、豊かに提案していくのが「ミュージックライフ研究所」の役割です。
Tカードは、日本人の3人に1人の方に持っていただくカードになり、ご利用データから様々な傾向や情報を読み取ることができるようになりました。
例えば、「TSUTAYAで洋楽やジャスのCDをレンタルする人は、コーヒーショップでモーニングセットを購入することが多いとか、あるファッション誌を購入する人は、機能性食品を買う率が高い」など。今まで経験や推測でしか見えていなかったことをデータから導き、新たな切り口の企画へと結びつけていきます。

ページトップへ