コンシェルジュ

そのジャンルのプロとして、文化の扉を開ける門番たち

代官山 蔦屋書店、そして、ここを母体として生まれた(生まれてくる)蔦屋書店には、「コンシェルジュ」と呼ばれるスタッフが在籍しています。

代官山 蔦屋書店には現在、30名以上のコンシェルジュがいて、料理コンシェルジュ、旅行コンシェルジュ、ジャズ・コンシェルジュ・・・といった具合に、それぞれ専門の「生活ジャンル」をもっています。

彼らは、そのジャンルに対する深い知識をベースにして、お客さまのご相談に対応したり、ご提案、商品選定、イベント開催など、自分の売り場のすべてを動かしています。

チェーン展開する店舗とは、概して優れた仕組みによって運営されていますが、コンシェルジュの存在は、仕組みやシステムよりもヒューマンを重視する、という考えの表れです。

個性を持ったお客さまに、個性を持ったコンシェルジュが生活提案をし、コンシェルジュたちはまた、お客さまによって成長していく。
蔦屋書店は、そのように完成形をもたず、コンシェルジュの成長によって育っていく場でありたいと考えます。

 

concierge-hum1.jpg concierge-hum2.jpg concierge-hum3.jpg concierge-hum4.jpg

ページトップへ