DDD(Daikanyama Design Department)

デザインを「知る・考える・楽しむ」。書店からの発信イベント。

日本最大のデザインの祭典、「Tokyo Designers Week」と時を同じくして、2013年10月23日~11月4日、代官山 蔦屋書店では、全館をあげたデザインイベント「Daikanyama Design Department 2013」(以下、DDD)を開催しました。

"書店"という文化装置を会場にしたこのイベントは、書籍やクリエイターとのつながりの中で、デザインを「学び・知り・考え・楽しむ」ことをテーマとしました。また同時に、デザインを「選んで、買う」楽しみも提供したいと考えました。

DDDでは、デザイン界で最も注目される「nendo」の新作、未発売商品を含む30点ほどの作品を全館各所に展示した「blue rooms by nendo」、"伝統と今"をテーマに丸若屋、mame、安藤桃子、上出長右衛門窯等々、ジャンルを超えた話題のクリエーターが参加した「『伝統とわたし』展」をはじめ、多彩な展示やトークイベントを行い、好評をいただきました。

ページトップへ