ニュースリリース

60~70歳代のDVDレンタル利用が増加、今夏の利用金額前年比は115~120%、全年代平均より約15ポイント上回る

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 
2011年09月16日
~本当に面白い映画を揃えた"発掘良品"、韓国ドラマなどが利用のきっかけに~
 
 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(東京本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:増田宗昭)が、全国に1,412店舗展開するTSUTAYAにおける、DVDレンタルの利用状況を調べたところ、60歳~70歳のDVDレンタル利用について直近3カ月の動向が115~120%となり、全年代での前年比を約15ポイント上回るなど、利用状況が増加していることが分かりました。
 
■1960年代~の本当に面白い名作映画選「発掘良品」、韓国ドラマのレンタルが好調
 60~70代の利用が増えている背景としては、商品面ではTSUTAYAが中高年層を中心層に映画好きの方を対象に展開している「TSUTAYA発掘良品」などの売場展開や韓国ドラマなどが利用のきっかけになっていることが考えられます。また、サービス面でも店舗で借りてご自宅の近くでも返却できる「郵便返却」といったサービスが昨年全国で開始したことも要因として考えられます。
 
 「TSUTAYA発掘良品」とは昨年の7月より展開を開始した、1960年代~90年代の「知る人ぞ知る面白い作品」を発掘して新作と同様の在庫数、品揃えで提案する売場です。良く知られた「有名な作品」や「どこのお店でもたいてい置いている作品」ではなく、「知る人ぞ知る面白い作品」や「観たくてもなかなか観られなかった作品」を取り上げ、特に50~60代前後の世代の方には懐かしくも、昨今見ることができなかった作品に再び出逢える、と特に男性を中心にご好評頂いております。
 
 実際にTSUTAYA発掘良品の利用者は、50~60代前後が全体の65%を占めるなど利用者の中高年層を中心に多く支持を受けており、60代以上に限っても、視聴者は全体の2割以上を占めます。

 一方で女性の利用においては、昨年度レンタル回数が1億回を超え、2011年8月のレンタル回数においても過去最高の記録を更新する1,306万回を記録した韓国ドラマがDVDレンタル利用の拡大につながっております。
 
 韓国ドラマについては昨年からのK-POPブームにより10~20代女性の視聴者数が拡大する傾向にありますが、従来からの視聴者である50~60代女性においても引き続き根強い人気となっており、視聴者層は2世代、3世代にわたる傾向が見られております。

 また、年配のお客様から頂戴している声としては、昨年から全国展開を開始した「郵便返却サービス」について、「2週間ごとに病院に行くときに、TSUTAYAでDVDレンタルを利用している。以前は返却に行くのが大変だったが郵便返却で便利になった」など、サービス面でd方にDVDレンタルが使用しやすくなっており点も要因の一つとして考えられます。
 
 TSUTAYAは今後も幅広い年代にご利用頂きやすい、商品・売場やサービスを企画し、映画、音楽、書籍などを通じて、幅広い世代に向けたライフスタイルの提案を行ってまいります。

■本件に関する資料

■本件に関するお問い合わせ

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 
広報担当:高橋 祐太
電話:03-6800-4464/FAX 03-3760-6020

ページトップへ