ニュースリリース

関東1都6県、新潟、長野、宮城各県で4月13日(金)より旧作を対象に"DVDレンタル、ずっと100円"TSUTAYAで始まる

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 
2012年04月13日
"映画解放"~みんなが、映画をもっと便利に、手軽に、たくさん楽しめる世の中に~
 
 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(東京本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:増田宗昭)がフランチャイズ本部として展開するTSUTAYAでは、創業から30年目にあたり、昨年から行ってきたサービス改革の一環として、関東1都6県、新潟、長野・宮城各県※で、2012年4月13日より旧作DVDのレンタル料金を7泊8日100円に引き下げます。

 2011年~12年にかけては、BS多チャンネル化や携帯電話向け放送局の開局など映画・ドラマ作品等の視聴方法がさらなる多様化の局面を迎えています。TSUTAYAは、お客様にとって「数多くの作品の中から映画を選び、視聴できる "方法" 」としてご利用頂き、昨年実績で7億4,224万枚のDVDをレンタル頂きましたが、今後さらに多様化するお客様の映像作品へのニーズに応えるため、映画のカルチュア・インフラとしてTSUTAYAのサービスを改革する取り組みを一昨年より行っております。

 改革してきた内容としてはTSUTAYA店舗の既存サービスに対して顧客要望の高かった、①未DVD化作品を復刻してほしい、というご要望に応える「TSUTAYA発掘良品」。②「返却に行くのが面倒なので何とかして」という声にお応えする、「TSUTAYA郵便返却」。③「店舗に行かなくても貸し出しや在庫の状況がわかるようにして欲しい」というニーズをかなえるスマホ向けアプリ「TSUTAYAサーチ」。④「店頭に観たい作品がそもそも在庫されていない」という場合にも150,000タイトルから取り寄せできる「リクエストお取り寄せサービス」が挙げられます。

この度TSUTAYAでは、これらサービス面でのお客様からの期待に応えることに加えて、さらなる顧客満足につなげるため、「もっと手軽に映画を観たい」という声にお応えし、ご年配の方にも分かりやすい料金体系とするため旧作レンタル料金を関東地区等でも100円とすることにいたしました。
TSUTAYAは150,000タイトルのラインナップの中から、ライフスタイル、ライフステージあった映画・ドラマ・アニメなどお客様の観たい作品を選んで観られるカルチュア・インフラとして30年目をスタートします。
※ 約600店舗、但し代官山蔦屋書店など一部店舗を除きます

■本件に関する資料

■本件に関するお問い合わせ

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 
TSUTAYAカンパニー 広報担当 高橋 祐太
TEL:03-6800-4464

ページトップへ