ニュースリリース

60歳以上のDVDレンタル利用が増加/渋谷駅前のSHIBUYA TSUTAYAで平日午前中利用者の3割が60歳以上に

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 TSUTAYAカンパニー
2012年09月14日
 
 
全国に1,475店舗展開する「TSUTAYA」ならびに「蔦屋書店」でDVDレンタルの利用動向を調査した結果、先月の利用で60代以上のDVDレンタル利用者数が前年同期比で130%以上に拡大していることが分かりました。全国の若者の街の印象が強い、東京・渋谷駅ハチ公口前にある「SHIBUYA TSUTAYA」でも前年同期比では60歳以上の利用が全国平均を大きく上回る160%以上となっており、平日午前中においては利用者のうち 60歳以上の方が3割を占めるなど、DVDをレンタルして映画を楽しむスタイルが60歳以上の方に急拡大しています。
 
TSUTAYAでは映画スクリーン数が最も多かった頃に青年期を過ごした「映画世代」である60歳以上の方に、映画をもっと楽しんでいただくために、売場の品揃えの強化として、店頭から消えてしまった廃盤作品などの中より"本当に面白い映画"を復刻する「TSUTAYA発掘良品」の取り組みを始め、商品・サービス・価格など60歳以上の方にも気軽にご利用頂けるよう取組強化を行っています。

特に、登場して30余年の「レンタルビデオ」は団塊世代の方にとって"経験自体が初めて"の方の割合が多く、「映画を借りる」をいうスタイルをまず試して頂くため、7月13日~8月12日までの1ヶ月間、旧作DVDのレンタルを毎日1本無料とする施策も行ってまいりました。
 
TSUTAYAでは今後も、高度経済成長を牽引してきた団塊世代を中心とする60歳以上の方を、「一流の文化を経験し、これから新しい"大人"のライフスタイルを創る"大人"たち」として"プレミアエイジ"(premier age)と位置づけ、今後もプレミアエイジの方に上質の映画・音楽・書籍などを提案する売場・サービスを提供してまいります。
 
※発売から1年以上経過した作品を旧作としています。
 
SHIBUYA TSUTAYA60歳以上の利用動向
 

■本件に関する資料

■本件に関するお問い合わせ

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 
TSUTAYAカンパニー 広報担当 高橋 祐太
TEL:03-6800-4764

ページトップへ