ニュースリリース

武雄市図書館 2013年4月1日オープン

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
2013年04月01日

武雄市(市長:樋渡啓祐)の掲げる「新・図書館構想」のもと、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(代表取締役社長兼CEO:増田宗昭、以下、CCC)が指定管理者として初めて運営する図書館、武雄市図書館(佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1)が2013年4月1日に開館しました。

「新・図書館構想」は市民の誰もが利用しやすく、利用したくなる"市民の生活をより豊かにする図書館"を作る構想です。武雄市図書館・歴史資料館の図書館部分をより市民価値の高い施設として運営するために、指定管理制度を導入して公立図書館部門を武雄市がCCCに委託し、「代官山 蔦屋書店」のコンセプトやノウハウを活かした、これまでにない図書館を実現しました。さらに館内には書籍販売や音楽・映像レンタルを行なう「蔦屋書店 武雄市図書館店」、" LIBRARY&CAFÉ "という新しいスタイルを実現するために、公共図書館でスターバックス初の出店となる「スターバックスコーヒー 蔦屋書店 武雄市図書館店」が出店します。

新しい「武雄市図書館」が実現する市民価値として、市民の誰もが利用しやすいように、年中無休で午前9時~午後9時までの開館時間とするほか、開架図書を従来の2倍に拡大し20万冊の触れられる蔵書を市民に提供します。また「代官山 蔦屋書店」のノウハウを活かしたライフスタイル別の3つの小部屋に象徴される書籍の陳列方法は従来の図書館と趣を異にする"本との出会い"を提供します。さらに、図書館の役割として重要なレファレンス機能を強化するための仕組みとして、セルフカウンターの導入やiPadを使った30台の検索端末、レファレンスカウンターの増設なども行なっております。

市民価値が高く、市民の生活をより豊かにする新しい図書館の形が武雄市図書館からはじまります。

※詳細は添付資料をご確認ください。

■本件に関する資料

■本件に関するお問い合わせ

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 
社長室 広報 TEL:03-6800-4764
(担当:高橋祐太)

ページトップへ