ニュースリリース

Dr.365たちが、年中無休で夜10時まで診療を行う小児科・内科「キャップスクリニック代官山T-SITE」開院のお知らせ 代官山T-SITE内、代官山 蔦屋書店1号館3Fに2014年元日オープン

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
2013年12月18日
 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下CCC)が「大人のライフスタイル提案」を行う代官山T-SITE内の代官山 蔦屋書店に、医療法人社団ナイズが運営する「キャップスクリニック代官山T-SITE」がテナントとして入り、2014年1月1日に開院することとなりました。
 
 同クリニックは、小児科・内科を標榜し、年中無休365日オープン、朝9時から夜10時まで診療を行います。
医療法人社団ナイズでは、これまでに「キャップスこどもクリニック西葛西」、「キャップスファミリークリニック北葛西」を運営しており、「キャップスクリニック代官山T-SITE」は3院目となります。どのクリニックも年中無休診療を提供しており、年中無休の医療体制に取り組む医師たちは、「Dr.365(ドクターサンロクゴ)」の異名を取っております。
 
 今回「キャップスクリニック代官山T-SITE」の院長となり医療法人社団ナイズの理事長でもある白岡亮平氏は「プライマリーケア(一次診療)を提供する町のクリニックこそ、年中無休であるべき」「なぜか休日や夜に具合が悪くなることが多い子どもたちのために、仕事を持つ保護者のために、夜も診療をしたい」との考えをもっております。いつでも、どこでも、だれでも利用できるカルチュア・インフラを企画するCCCは、白岡氏の考えに深く賛同し、代官山 蔦屋書店 1号館3階に、この度テナントとして迎えることとなりました。また、クリニックの階下、1号館2階には、開院に先んじて絵本や子供向けDVDが豊富に揃うキッズフロアを設け、50代以上のプレミアエイジがお孫さんと共に来ていただけるようなサービスの拡充をしております。
 

■キャップスクリニック代官山T-SITE
渋谷区猿楽町17-5 代官山蔦屋書店1号館3F
電話:03-6455-1770
診療時間:9:00~22:00 (休憩13:00~14:30)
診療科目:小児科、内科
院長:白岡亮平
※キャップス(CAPS)とはChild And Parent Supportの頭文字。

■白岡亮平院長プロフィール
小児科医。日本小児科学会認定小児科専門医 医療法人社団ナイズ理事長
キャップスクリニック総院長 キャップスクリニック代官山T-SITE院長
2004年慶応義塾大学医学部卒業。 
さいたま市立病院初期臨床研修医、
さいたま市立病院小児科、
慶應義塾大学病院、
医療法人歩武会あゆむクリニック非常勤、
武蔵境病院小児科非常勤を経て
2012年4月「キャップスこどもクリニック」西葛西開院。
2013年7月「キャップスファミリークリニック北葛西」開院。
2014年1月「キャップスクリニック代官山T-SITE」開院。
        
■書籍『こどもの病気治療の本当のこと "Dr.365"のこどもの病気相談室』発刊
「医療提供者は、患者さんとその家族に難しい内容でもわかりやすく説明しないといけない。その一方で、患者さんとその家族も医療に関心を持ち、最低限の知識を持つべき。そうして、医療提供者と患者さんの情報格差をなくしたい」という考えに基づき、また、ホームケアの重要性を鑑みて、子どもの病気とその治療についての書籍を発刊します。
一歩踏み込んだ内容をわかりやすく伝えてくれる同書には、医師にきちんと質問出来るだけの薬や医療の知識、小児科クリニックの選び方などが書かれています。
(白岡亮平・著/小学館/1200円/12月20日発売)

■本件に関する資料

■本件に関するお問い合わせ

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 
社長室/広報 元永純代  TEL:03-6800-3570

ページトップへ