ニュースリリース

代官山プロジェクトの基本設計及び実施設計の決定について

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
2011年05月06日

 

 
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(東京本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:増田宗昭)が、現在進めている「代官山プロジェクト」について、70社を超える建築事務所にご参加いただいたプロポーザルの結果、株式会社クラインダイサム(クライン ダイサム アーキテクツ)(東京都・渋谷区)と株式会社アール・アイ・エー(RIA)(東京都・港区)との設計共同体により基本設計及び実施設計を行うことに決定致しました。また、施工は鹿島建設株式会社に決定致しました。
 
代官山プロジェクトとは、当社がNTT都市開発株式会社の協力を得て、代官山・旧山手通り沿いの広大な敷地を舞台に、「新しい大人文化を提案する街」を誕生させるプロジェクトです。「森の中の図書館」をイメージして作られるTSUTAYAは、従来のイメージを覆す新しい店舗スタイルで登場します。

施設内には食事や語らいを楽しめるようなカフェ、レストランをはじめ、生活文化を提案する複数のテナントなどを展開する予定です。
当社は、「若者」に向けた新しい生活スタイルの情報を提供する「生活提案の場」としてTSUTAYAを創業しましたが、今回のプロジェクトでは、新しい文化やスタイルを築いていく「大人」たちに向けた新たな「生活提案の場」として、カフェや書店やレンタル店を使った新しいコミュニケーションの場を作りだします。
 
【クライン ダイサム アーキテクツについて】
 ともにロイヤル・カレッジ・オブ・アートを修了し、伊東豊雄建築設計事務所に勤めたアストリッド・クライン氏とマーク・ダイサム氏により1991年に設立。建築、インテリア、プロダクトからアートイベントの運営まで幅広く手掛ける。代表作に、「リゾナーレ小渕沢 リーフ・チャペル、ブリラーレ」「セルフリッジ ワンダールーム / ロンドン」などがある。

 今回のクライン ダイサム アーキテクツの建築、その考え方は、弊社が昨年刊行しました日本を代表する建築家たちのプロポーザル作品集『11ARTS~代官山プロジェクトをめぐる、11建築家の提案』に掲載しております。本書は、基本設計プロポーザルで最終審査まで進んだ11建築事務所の提案作品集となります。模型写真は、建築写真界の第一人者、ナカサアンドパートナーズが撮影しております。
 
【11ARTS~代官山プロジェクトをめぐる、11建築家の提案~概要】
■書名   『11ARTS~代官山プロジェクトをめぐる、11建築家の提案~』
■編集   代官山プロジェクト 写真:ナカサアンドパートナーズ
■発行元  カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
■発売元  株式会社復刊ドットコム
■判型   A4変形
■本体価格  2,600円 ※発売中
 

【RIAについて】
 現代建築幕開けの一翼を担った山口文象により1953年に開設された設計組織。再開発分野のパイオニアとして、「まちづくり」のコンサルティングに取り組み、多くの実績を残している。「天王洲アイル」「品川シーサイド」などのまちづくりを手掛けてきた。
以上

■本件に関する資料

■本件に関するお問い合わせ

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
代官山プロジェクト PR担当:元永
広報担当:高橋
TEL:03-6800-4464/FAX:03-3760-6020
【代官山プロジェクト準備サイト】http://www.ccc.co.jp/daikanyama/

ページトップへ